ココロもからだも元気になる

   

RICE(ライス)処置について (JR尼崎 わだち鍼灸整骨院)|2017/02/02

RICE処置について、一度は耳にはさんだことがあると思います。

今回はRICEとは何なのか、どういうときに必要なのかを簡単に説明させていただきます。

RICE(ライス)とは打撲したり、捻挫、骨折、肉離れなど、スポーツでよく起こるケガの応急処置です。

RICEをする事で、痛みや腫れを軽減することができます。

役に立つことがあるかと思いますので、覚えておくといいでしょう。

RICE=Rest(レスト)、Ice(アイス)、Compression(コンプレッション)、Elevation(エレベーション)の略。

Rest(レスト)・安静

ケガしたところを安静にして動かさないことです。ほとんどの方はケガが起こった時、どこに何がおきたのか?わからないと思います。

ケガをしたと思われる部分だけでなく、心臓に近い関節も¨大きめなもの¨で包み込み、患部が動かないようにしましょう。

Ice(アイス)・冷やす

アイシングをしましょう。上にのせると、圧迫されてかえって痛みを感じることもあります。冷やしすぎにも注意してください。

Compression(コンプレッション)・圧迫

圧迫といっても無理に押さえて締める必要はありません。患部を動かさないようにすることがポイントです。

Elevation(エレベーション)・挙上

ケガした部分を全体的に心臓より高い位置に保つこと。下に大き目のものを置き、患部を上にのせます。

これらはあくまで応急処置になりますので、そのあとは経過を見て来院すようにしましょう。

 

尼崎市 わだち鍼灸整骨院

 

 

 

わだち鍼灸接骨院 電話

わだち鍼灸整骨院。ネット予約・問い合わせはこちら

topへ戻る