ココロもからだも元気になる

   

飲み過ぎ・食べ過ぎ(鍼灸治療 わだち鍼灸整骨院)|2017/12/25

この時期何かと外食の機会が増えませんか??クリスマスが終わったと思えば忘年会、新年会にお正月。ついつい飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまいますよね。

外食は塩分が多いのでお酒を飲む量が増えてしまいがち。締めをスイーツやラーメンで締める人も少なくないのでは??年末だからと羽目を外してしまっていませんか?

年末はお仕事の締めなどの関係で通常よりハードに仕事をこなされている方も多いと思いますが、そんなストレスが重なった状態でこういった内臓を痛めつけるような行為が重なると胃腸が悲鳴を上げてしまいます。

手首の内側のシワの中央から指三本分下にある「内関」と言うツボは、慢性胃炎や消化器系の不良など、内臓の働きに良いとされるツボです。自分で出来るツボ押しの場所として知っておくと便利ですね。反対の手の親指で気持ちがいいと感じる圧で押すといいでしょう。

塩分とアルコールを一緒にとる事でトイレが近くなりますが、同時にの渇きを促し、また飲むことを繰り返す事でむくみやすくなっています。そういったむくみには 飲んだ後にバナナ、キウイ、などのカリウムの多いフルーツを食べるのがオススメ。ボディークリームをつける時に足先から鼡径部に向かって一方方向にマッサージするように塗れば リンパの流れを助けるので、むくみ防止につながるでしょう。ツボ押しをするならおへそから指一本分上にある「水分」。その名の通り余分な水分を体の外に排出する働きがあります。

せっかくの宴会、しっかり楽しいんだ後は自分の身体をいたわってあげましょう。

足のむくみの原因と改善 (JR尼崎 わだち鍼灸整骨院)

尼崎市 わだち鍼灸整骨院

 

わだち鍼灸接骨院 電話

わだち鍼灸整骨院。ネット予約・問い合わせはこちら

topへ戻る