ココロもからだも元気になる

   

テーピング (骨盤矯正 わだち鍼灸整骨院)|2016/12/08

どこの整骨院にもあるテーピング。そのテーピングの目的や効果について%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0

今日はお話しします。

※テーピングの目的

・ケガの予防-スポーツ種目によってたくさん使う筋肉や関節、逆にあまり使わない筋肉や関節があります。

よく走るスポーツ、跳ぶスポーツ、体をぶつけあうスポーツなど。事前にテーピングをすることによって予防になります。

・再発防止-一度ケガをすると癖になり故障しやすくなってしまいます。

テーピングすることによって負担を軽減することができます。

・応急処置―ケガの直後、素早くテーピングすることによってこれ以上の悪化を防ぎ、緩和することもできます。

・プレー中の痛み軽減―プレー中の痛みを少しでも取り除くために補強します。

※テーピングの種類

・ホワイトテープ―伸縮性がなく、関節の固定と動きの制限を目的として使用。

関節や筋肉の過度な動きを制限し、ケガの予防や再発防止に使用します。

・キネシオテープ―伸縮性のあるテープ。筋肉に沿って貼ることで筋肉の上の皮膚を引っ張り上げ、

皮膚と筋肉の隙間を作ることで、筋肉が動くスペースができて筋肉が使いやすくなります。

テーピングは応急処置やケガの予防など幅広い用途があります。しかしその場面に適したテープを使用しなければ効果が

半減してしまいます。目的のあるテーピングを巻き、効果的なものにしましょう。

※テーピングをしたからといってケガが治ったり、ケガしなくなるわけではありませんよ(^^♪

テーピングの巻き方なども教えますので気軽にご相談ください。

 

尼崎市 わだち鍼灸整骨院

わだち鍼灸接骨院 電話

わだち鍼灸整骨院。ネット予約・問い合わせはこちら

topへ戻る