FSHが高いと言われたかたへ

  • 卵胞刺激ホルモン(FHS)の値が高いといわれた
  • 月経異常がる
  • ホルモン値の調整で薬を頼るしかない
  • 冷えやむくみが気になり、手足が冷える
  • 健康状態に不安がある

わだち鍼灸整骨院・さつき鍼灸整骨院|FHSが高いと診断されたら?

manga_02

わだち鍼灸整骨院・さつき鍼灸整骨院|FHSってなに?

妊娠のしくみ_01妊活経験の方にはよく聞く言葉かもしれませんが、”FHSの値が高いので不妊治療は難しい”と言わることがあります。

このFHSとは、卵胞を育てるホルモンで、脳下垂体前葉から分泌されます。また、このホルモンは、卵巣を刺激することによって、卵を育てる役割を果たしているのですが、卵巣が弱まっていると、脳からの命令で沢山のFHSを出すように命令し、卵胞を発育させようとします。

つまり、FHSの数値が高いと卵巣が弱っているとの判断になるので、FHSの値が高いと治療の効果がうすいので、治療を中断することになるのです。
東洋医学では鍼灸や整体をすることにより、FHSの数値を正常に近づけることができます。
基礎体温や自身の体調をしっかり管理されているかたなら、体感的にも数値的にも実感することがおおいのですが、鍼灸で体質改善を行うことで子宮内の温度があがり、卵巣がここと良いとされる温度までもっていくことで、脳からのホルモンの分泌、つまりはFHSの値を下げることが出来ます。

実際の治療では、より詳しい説明をさせていただけますので、病院で諦めるように言われた方でも改善できた例もありますので、ぜひ一度ご相談ください。