ココロもからだも元気になる

   

気候の変化による頭痛には酔い止め薬を!(JR尼崎 わだち鍼灸整骨院)|2016/09/15

乗り物酔いというのは、耳の奥にある内耳という器官が視覚や聴覚で触れることにより興奮し酔うという現象になります。

その他にリンパが流れがよくなりすぎたり、自律神経が乱れるという症状があります。

内耳はもともと体の傾きを察知してバランスをとる器官で、酔い止めは内耳にある神経を鎮める効果があります。

気候の変化による頭痛にそれととても似た状態になりますので酔い止め薬が効果的なのです。

乗り物酔いと同様に事前に服用することが大事ですので雨が降る30分前に飲むことをオススメします。

尼崎市 わだち鍼灸整骨院

 

わだち鍼灸接骨院 電話

わだち鍼灸整骨院。ネット予約・問い合わせはこちら

topへ戻る