ココロもからだも元気になる

   

成長痛 (JR尼崎 わだち鍼灸整骨院)|2017/01/12

みなさま、幼少期に成長痛を自身で体験されましたか?お母さんとお話をする男の子のイラスト

成長痛は体験される方とそうでない人がいます。

体験した方はツラい思いをしたかと思います。

そこでなぜなるのか、どのような症状なのかを調べました。

日中は元気よく遊んでいるのに夜寝ている時、急に脚が痛いと言って目を覚まし、

泣いたりしますが、痛みは長く続かず、さすってやったり、抱っこしたりすると治るような症状です。

脚の急な成長の過程に多く見られるので、成長痛と呼ばれています。

しかし、成長は子供にとって当たり前の事なので成長そのものが直接の痛みの原因とは考えられません。

成長期の子供に多く見られることから、かつては急激な骨の成長も原因と考えられていましたが、現在では

成長痛と骨の成長は関係がないことがわかっています。

原因としては大きく疲労性のものと精神的なものがあります。

・疲労性

成長過程にある子供は筋肉や骨、関節が未発達にも関わらず活発に動きます。

大人が考えている以上に疲れが溜まっているかと思われます。

・精神的

子供も何らかの形でストレスは溜まっています。

ストレスから自律神経が乱れ、足や膝関節に痛みが現れます。

 

対処法としてお風呂、マッサージがいいでしょう。

お風呂に入って身体を温めることによって血液循環が良くなり、自律神経の乱れが整います。

さらに疲労回復効果もあります。

マッサージは子供に安心感を与える事ができます。しかしやり過ぎには注意しましょう。

成長痛は精神的なものが多いので子供とのコミュニケーションを大事にしましょう。

 

尼崎市 わだち鍼灸整骨院

 

 

わだち鍼灸接骨院 電話

わだち鍼灸整骨院。ネット予約・問い合わせはこちら

topへ戻る