ココロもからだも元気になる

   

妊婦が摂取したい栄養素 (骨盤矯正・姿勢矯正 わだち鍼灸整骨院 )|2017/02/21

栄養お腹の中の赤ちゃんは、約10カ月間胎盤を通じてお母さんから栄養をもらって成長していきます。

妊娠すると、アルコールやカフェインなどの制限など普段の食事にも注意が必要となります。

そこで、今回は妊婦さんが妊娠初期から摂取していただきたい栄養素についてお話しします。

 

妊娠中摂取していただきたい栄養素、一つ目は鉄分です。妊娠中は胎盤から赤ちゃんに血液を送るため妊婦さんは貧血状態になりやすくなります。妊娠初期から積極かつ継続的に摂取しておきたい栄養素です。鉄分が多く含まれる食べ物にはレバー、赤身の肉、大豆などがあります。

 

二つ目は葉酸です。

厚生労働省は妊娠初期は1日480μgの葉酸を摂取することを推進しています。

葉酸は細胞分裂を促進し赤ちゃんの成長を促してくれる栄養素です。また神経障害や流産などのリスクが減るとも言われます。

葉酸はブロッコリー、ほうれん草などの野菜や豆類を中心に多く含まれます。

 

3つ目にカルシウムです。

妊娠中は通常の約2倍の摂取が必要と言われます。カルシウム不足だと産後、骨粗しょう症になってしまう事もありますので積極的に摂取しましょう。

乳製品や大豆類にも多く含まれます。乳製品は妊娠中の便秘の方にもおすすめです。

 

4つ目にタンパク質です。

タンパク質は身体を形成するための主成分となります。

卵、豚肉、魚などバランスよく摂取しましょう。

 

妊娠中は体重の増減も大切になります。バランスよく栄養をとり、無理のない範囲での運動を心がけましょう!

 

尼崎市 わだち鍼灸整骨院

 

 

 

わだち鍼灸接骨院 電話

わだち鍼灸整骨院。ネット予約・問い合わせはこちら

topへ戻る