ココロもからだも元気になる

   

冷やす、温める…どっち? (骨盤矯正 わだち鍼灸整骨院) |2017/01/26

よく患者様で冷やすのと温めるのとどちらがいいですか?と聞かれます。

そこでどのような状態が適しているのかを紹介します。

簡単に言えば急性の痛み、炎症は冷やす。慢性の痛みは温める。これが基本です。

間違えてしまいますと痛みが余計に強くなり、状態が悪化します。

急性期とは痛みがでてきた時期のことで、捻挫や打撲、ぎっくり腰などが当てはまります。

この時期に患部は炎症を起こしている状態なので、アイシングが効果的です。

温めてしまうと、炎症を手伝う形になってしまいます。

寒い時期ですが、お風呂に浸かるのは控えて、シャワーで済ませましょう。

急性期を過ぎると慢性期になります。

慢性期になると、炎症は起こっていません。痛めた場所がうまく使えない状態になっています。

筋肉が硬くなり、血流がうまく流れず、酸素と栄養が行き届かなくなり、その結果、重だるいような症状になるのです。

なので慢性になれば、温めて血流を改善させ、十分な酸素と栄養が行き届くようにしてあげることが大切です。

急激に痛みが強くなったとき、患部が熱くなっている場合は冷やし、痛みが和らいできたら温めてもいいでしょう。

まず今の状況を把握しましょう。間違った治療は禁物です。ご相談ください。

尼崎市 わだち鍼灸整骨院

わだち鍼灸接骨院 電話

わだち鍼灸整骨院。ネット予約・問い合わせはこちら

topへ戻る